スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回 

紅壱「皆さんお久しぶりです。なんとか引越し終わりました;;;」

撫子「おつかれさま♪」

紅壱「なんとか生活できるレベルまで持ってけたぜ。完全にではないけどな。」

「あのゴミ屋敷を生活空間というか;;;」

紅壱「しかたないだろゴミ収集が休みなんだから;;;」

水木「それは言い訳でしかありません。ダンボールをたたんだりゴミの分別をしたり、やれることはあるはずです。」

紅壱「それをいわれるとなぁ;;;」

撫子「今後はどうするつもりなのかしら?」

水木「ゲームばかりしていてはいけませんよ?」

紅壱「わかってるよ!んと、とりあえずゴミのこと、家計簿のこと、PC周辺機器のこと、それと後は書類関係、ってとこかな?」

撫子「けっこうあるわねぇ;;;」

水木「そうですか?まとめてやったらできないとは思いますが、時間をかければできなくはないと思いますよ?」
 
紅壱「まぁ、がんばるわ。後はSAI購入しないと;;;」

「なんで?ライセンスあるでしょ?」

紅壱「保存していたやつが前にPC飛んだときにフォルダごと吹き飛んだんだよ;;;」

撫子「あらら;;;」

紅壱「だからさ、・・・おっとインターホンが鳴ったな、ちょっと見てくるわ~。」

「死亡フラグかな?」

水木「死亡フラグですね。」

撫子「wwwww」

水木「あ、帰ってきました。」

紅壱「隣の、まぁ同じく新入生が新潟のカキピーくれたwwwつかこの時間だと新入生しかいなかったわ。俺のお土産はいつ全員に渡せるのだろうか・・・?w」

撫子「夜はどうかしら?部屋の光で判断できるわよ?ww」

紅壱「なるほど、頭いいなおい。あ~、後は何言おうとしたんだったかな?」

撫子「何かうpっていくわ~とか言ってたわよ?」

紅壱「あ、そうだ。自炊したやつで『これは美味いわ』って思ったやつをここにうpろうかなぁ?とか思っていたんだったわ。んじゃそれは追記企画ってことにしようかな?作り方が知りたかったらコメってな~、次の記事で教えるからwww」

「紅壱の料理ってなんか不安;;;」

紅壱「料理できないやつには言われたかないわ;;;」

「う、うるさいわっ!!////」


続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。